No118 「カラカサ(タクリ線)」安値圏での出現時に相場が上昇に転じていく可能性が高い足型

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「カラカサ(タクリ線)」安値圏での出現時に相場が上昇に転じていく可能性が高い足型

★カラカサ(タクリ線)

特に実体が短く下ヒゲが長い足型は、
「カラカサ」や「タクリ線」と呼ばれ、

相場の転換を
示唆している可能性が高い、
重要な足型と認識されています。

下ヒゲの長さが
実体の3倍以上あるものが、
カラカサに当てはまると
定義しているものもあります。

カラカサ(タクリ線)は、
特に相場が安値圏と思われる付近で
出現した場合に、

今後、相場が上昇に
転じていく可能性が高いと
解釈されることが多い足型です。

ただし、相場が高値圏と
思われる付近で出現したカラカサは、

相場が下落に転じる可能性を
暗示していると言われます。

特に、高値圏と思われる付近で
上方に窓を開けて出現したカラカサは
「首吊り線」と呼ばれ、

下落への転換を
強く暗示しているサインとみなします。

破産思考をリセット

短期間で大きく稼ぎたい。

その気持ちは分かりますが、
稼ぎたいと思う金額と同じ金額を
失うリスクが有るのがトレードです。

資金管理ができていれば、
エントリー方向と逆方向に
大きく動いても、
損失は最小限に抑えられます。

チャンスにしっかりと
利益を上げるためにも、

資金管理を徹底し、
コツコツ利益を積み上げることに
集中しましょう。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。