No123 「トンボ」安値圏では上昇、高値圏では下落へ転換する可能性を暗示する足型

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「トンボ」安値圏では上昇、高値圏では下落へ転換する可能性を暗示する足型

★トンボ

トンボは、始値・高値・終値が
同じ価格で下ヒゲだけが長い、
アルファベットの「T」のような足型です。

相場がいったんは
大きく下落したものの、

その後は買い方のパワーが
売り方のパワーを上回って、
安値から大きく反発したことがわかります。

相場が安値圏と思われる付近で
出現したときは上昇へ、

高値圏と思われる付近で
出現したときは下落へ、

転換する可能性を暗示していると
捉えるのが一般的ですが、、、

実際には上昇相場や
下落相場の途中に出現することも多いため、

必ずしも方向性をはっきりと
示しているわけではないとも言われています。

破産思考をリセット

メンタルの弱さを、
資金を溶かす言い訳にしないこと。

メンタルの弱さを言い訳にすると、
改善策を見出すことが、
著しく難しくなってしまいます。

自己啓発セミナーなどで
メンタルが改善し、
資金を溶かさなくなるのであれば、

すでに多くのトレーダーが、
毎週のように自己啓発セミナーに
通い詰めているはずです。

しかし、

常勝トレーダー仲間が
多いどらぽんですら、勝ってるトレーダーで、
そんな人は知りません。

勝ってるトレーダーはみんな、
メンタルの弱さを言い訳にせず、
資金管理を徹底することで
相場を勝ち抜いています。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。