No133 ポジションを持つ時間が長いほど、資金が長い時間リスクにさらされているという視点

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

ポジションを持つ時間が長いほど、資金が長い時間リスクにさらされているという視点

過去チャートを見ると、
大きなトレンドが明確に見えるので、

「このでかいトレンドに
 最初から最後まで乗れたら、
 爆益だった!!」

と、簡単に思いがちですが、
現実はその思いの正反対です。

大きなトレンドに
最初から最後まで乗ることは、

トレンドの押し目で何度も
逆行に耐える判断力と、
超人的な忍耐力が必要です。

さらに、

トレードはポジションを
持っている時点で、
損失を被るリスクが発生することを
考慮すると、

大きなトレンドを最初から最後まで
乗ろうとすることは、
それなりにリスクも大きくなります。

破産思考をリセット

大きなトレンドで、
多くの利幅が獲得できれば、
大きな利益を見込めることは
間違いありませんが、

非常に難易度が高いですし、
利益の大きさは、
結局、証拠金に依存します。

また、

コツコツと短い利幅で、
少額の利益を積み上げる
トレードスタイルでも、

大きなトレンドを狙って、
1回のトレードで大きな利幅を狙う
トレードスタイルでも、

安定して利益を
上げ続けられる状態まで、
簡単になれる方法はありません。

大きいトレンドの値幅を
最初から最後まで取ることが、
金持ちの近道という考え方は、

経験値の少ない初心者ほど
危険な考え方ですので、

相場格言の、
「頭と尻尾はくれてやれ」
という考え方を元に、

まずは、短めの利幅で
勝ち癖をつけていくことを
推奨します。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。