No136 2つ以上のロウソク足から構成されるロウソク足パターンを覚える

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

2つ以上のロウソク足から構成されるロウソク足パターンを覚える

以前も話しましたが、
ロウソク足はインジケータより
ワンテンポ早く、チャンスや危険を
知らせてくれます。

そのため、
どらぽんブログのNo111~127では、
様々な1つロウソク足の形別で、

その1つのロウソク足の形に、
どのような意味があるのか、
について解説していきました。

そこで次にどらぽんブログ
ご紹介していくのが、

2つ以上のロウソク足から構成される
”ロウソク足パターン”です。

明日から配信される、
ロウソク足パターンシリーズでは、

どのようなロウソク足が
並んでいたら、
どのような傾向があるのかを
知ることで、

1つ1つのロウソク足の、
意味だけを知っている状態より、
さらに危険相場を察知しやすくなります。

また、巷でよく聞く、
ロウソク足パターンは、

1つ目のロウソク足の終値と
次のロウソク足の始値の間に
窓(空間)が空きやすい株で
使われることが多いです。

ですが、

FXなどの為替でも、
窓を開けることはありますし、
応用を利かせることはできます。

そのためどらぽんブログでは、
主に為替の日足で実際に出現した、
ロウソク足パターンの実例と一緒に、
紹介していくことにします。

次回予告

今回も前回の、
ロウソク足シリーズの時と
同じように、

資金管理の考え方を
忘れないようにすることも
大事なので、

”ロウソク足パターンの紹介”

”過去に配信した、
資金管理の考え方のおさらい”

という形で、
配信していこうと思っております。

お楽しみに!

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。