No141 「並び黒」小陰線同士が並び、放れた方向へ動きやすいパターン

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「並び黒」小陰線同士が並び、放れた方向へ動きやすいパターン

★並び黒

前日と翌日の実体が
ほとんど重なるパターンで、
小陰線同士が「並び黒」と言われています。

並び黒は、
前日の流れに反して高く
はじまったものの、
再び下降していることがわかります。

★上放れ並び黒

相場が高値圏と思われる付近で
もみ合いや強保合いを続けたあとに、

前々日の終値から放れて
上方に出現した「上放れ並び黒」は、
買いが有効になると言われています。

★下放れ並び黒

下落相場の途中で、
前々日の終値から放れて
下方に出現した「下放れ並び黒」は、

相場が一段と下落する
可能性が高いと解釈します。

つまり、並び赤と同様に、
放れた方向へ動きやすいということです。

ただ、下放れ並び黒は、
相場の勢いが加速しすぎている
可能性があると捉えられることもあります。

相場が底をつけて
反転するかもしれないので、
突っ込み売りは慎重に行いましょう。

常勝トレーダーの条件は徹底した資金管理

資金管理がテクニカルより
重要だという理由の一つとして・・・

相場はコントロールできないが、
資金管理は自分自身で
全てコントロールできる、
という要素があります。

なぜ資金管理という言葉が
あるのにも関わらず、
相場管理やチャート管理という言葉が
存在しないのか。

それは、他でもなく、
相場は管理やコントロールが
できないためです。

不確実性の高い相場を、
適応するためのテクニカルより、
まずは確実に自分自身でコントロールできる、
資金管理の方が重要。

確実に出来る良い資金管理を、
確実に行えるからこそ・・・

テクニカルを覚えた時に、
絶大な威力を発揮します。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。