No144 「包み線」1つ目のロウソク足の動きが否定され、相場の流れが変わったことがわかるパターン

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「包み線」1つ目のロウソク足の動きが否定され、相場の流れが変わったことがわかるパターン

★包み線

1つ前のローソク足を
すっぽり覆う大陽線や大陰線が
「包み線(抱き線)」です。

前日の上下のヒゲの部分を
完全に覆い隠せていなくても、

実体が長ければ
包み線とみなすこともありますが、
完全に覆い隠しているものが理想型です。

「陰線→陽線」もしくは
「陽線→陰線」の組み合わせが効果的で、

陽線同士、陰線同士の
組み合わせはあまり意味がないと
考えられています。

どちらも1つ目の
ロウソク足の動きが否定され、
相場の流れが変わったことがわかります。

★陽の包み線

2つ目のローソク足が陽線なら
「陽の包み線」と言います。

陽の包み線は、
相場が安値圏と思われる付近
出現すると、

上昇に転じる可能性を
強く暗示していると捉えられます。

★陰の包み線

2つ目のローソク足が陰線なら
「陰の包み線」と言います。

陰の包み線は、
相場が高値圏と思われる付近
出現すると、

下落に転じる可能性を
強く暗示していると捉えられます。

包み線の多くは、
対象となる2本分のロウソク足の
値動きを1本のローソク足で表現すると、

陰の包み線はトンカチ、
陽の包み線はカラカサに近い
足型となります。

ここからも、
相場の変化を暗示している
可能性があることが、
わかると思います。

常勝トレーダーの条件は徹底した資金管理

どれほど経費を
かけることが重要でも、

明らかに長期的に
証拠金が増えないほど
経費をかけては
経営者としても失敗です。

いうまでもなく、

かけた経費(損失)に対して、
どれくらいの売上(利益)が見込めるのか。

どれくらいの確率で、
売上が上がるのか。

このような、

売上(利益)と経費(損失)の、
バランスが大事です。

あなたのトレード手法の勝率と、
リスクリワードは、

証拠金が長期的に増加が
見込める状態なのか、
今一度確認してみましょう。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。