No147 「星」相場の流れが最終局面を迎えることを暗示するパターン

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「星」相場の流れが最終局面を迎えることを暗示するパターン

★星

1本目が陽線なら上放れ、
陰線なら下放れて窓を開けたものの、
そこからはあまり動かず
2本目が極線になったパターンが「星」です。

2本目の極線が寄引同時線なら
「十字星」と呼ばれます。

星の実体が陽線でも陰線でも、
捉え方はいっしょです。

勢いが余って
1本目のロウソク足の終値から
放れたものの、

その後は、徐々に
買い方と売り方のパワーが
拮抗していったことがわかります。

★上放れの星

上放れの星は、
売り方の損切りと考えられます。

そこから、これまでの
上昇相場の流れが最終局面を
迎えることを暗示している
可能性が高いと判断します。

十字星なら、その可能性が
より高いと言われています。

★下放れの星

下放れの星は、
買い方の損切りと考えられます。

そこから、これまでの
下降相場の流れが最終局面を
迎えることを暗示している
可能性が高いと判断します。

十字星なら、その可能性が
より高いと言われています。

常勝トレーダーの条件は徹底した資金管理

資金管理は、
負けトレード時に損失額を
抑えるだけではなく・・・

勝ちトレード時の
利益額を増やす役割も担っています。

その中でも、

正しいリスクリワードの設定は、
利益額を増やす資金管理における、
重要な要素の一つです。

例えば、、、

最大リスクを10万円に設定し、
リスクリワード=1:1の比率で、
トレードをした時に・・・

勝率60%を出すことができ、
利益が20万円になったとします。

(10万×6勝 – 10万×4敗=20万円)

しかし、

同じ手法と最大リスクで、
リスクリワード=1:2の比率で、
トレードをしたら、

勝率50%となった場合、
利益は50万円となります。

(20万×5勝 – 10万×5敗=50万円)

要するに、

自分の手法がどれほどの、
リスクリワードでトレードを行ったら、
一番利益が大きくなるのかを、
事前に理解しておき・・・

正しくリスクリワードを設定することで、
損失を限定しつつも、
利益を最大化することが可能になるのです。

ただ、損失を限定することだけが、
資金管理の役割ではないのです。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。