No31 「損失を被る」という感覚を捨てよう

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「損失を被る」という感覚を捨てよう

トレードにおいて、
損切りをした時は、

一般的に、
”損失を被った”
という表現をされます。

しかし、
トレーダー視点では、

損失を被るのではなく、
”損失を確定する”

という感覚を持つと良いです。

なぜなら、

損失を被るという考え方をすると、
良くないことをしたような、
ネガティブな印象を受けてしまいます。

しかし、トレードにおいて、
適切な損切りは必要なものであり、
損失を最小限に抑えられる、
ポジティブなことのはずです。

そこで、
損失を確定するという
考え方にすることで、

相場がシナリオ通り動かなかった時に、
損失を最小限に抑えられた。

というように、
ポジティブな印象に、
変えることができます。

ですので、

損失を被るのではなく、
損失を確定するという感覚を持ち、

損切りすべき時には、
躊躇なく損切りしていきましょう。

トレード分析が常勝トレーダーへの道

あなたは、
日々のトレードを行う上で、
苦手だと感じていることや、
面倒だと感じていることはありますか?

今回のお話のように、
言葉の使い方や表現一つで、
物事はポジティブに見えたり、
ネガティブに見えたりします。

もし、あなたの苦手なことを、
ポジティブな表現にするとしたら、
どのような言葉にされますか?

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。