No41 大きな利幅を狙うことは良い事だが、値幅の全てを取る必要はない

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

大きな利幅を狙うことは良い事だが、値幅の全てを取る必要はない

利食いをする時に、
大事なことは、

”限界まで値幅を取る必要は無い”

ということです。

よく相場の格言で、

”頭と尻尾はくれてやれ”

と言われますが、
これと同じことです。

リアル相場での、
天井と大底は、
誰にも分かりません。

ですので、

大きな利幅を狙うにしても、
天井や大底のように、
限界まで値幅を取る必要はありませんし、
狙うこと自体が不可能と割り切って

頭と尻尾はくれてやりましょう。

トレード分析が常勝トレーダーへの道

1トレードあたりに、
どれほど大きな利幅を狙いたいと思っても、
天井や大底まで狙うような、
考えは捨てましょう。

不可能なことを、
追いかけても意味がありません。

では、

天井や大底を狙うことは、
不可能と理解した上で、

どのように、
大きな利幅を狙うべきかを、
明日の記事にてご紹介します。

お楽しみに!!

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。