No45 「流石に5連敗もしたら、6連敗はないだろう」ってホント?

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「流石に5連敗もしたら、6連敗はないだろう」ってホント?

よく、

「さすがに〇連敗もしたから、
 これ以上は負けないだろう」

と考えて、

許容リスクを超えた、
ポジションサイズで
エントリーして、

資金を大きく溶かす方が
いらっしゃいます。

ですが、
よくよく考えてみてください。

連敗する確率は、
勝率50%の場合では、、、

1連敗:50%
2連敗:25%
3連敗:12.50%
4連敗:6.25%
5連敗:3.125%
6連敗:1.563%
7連敗:0.7813%
8連敗:0.3906%
9連敗:0.1953%
10連敗:0.09766%

と、このように、
6連敗までは1%以上の確率と、
結構確率としては高いのです。

また、

何かの手法を、
バックテストを取ったことのある方は、
分かると思いますが、

何年間分も、
バックテストを取っていると、
6連敗なんて普通にありますし、
10連敗もあったりします。

これを聞いて
タイトルの

「さすがに5連敗もしたら、
 6連敗はないだろう」

といって、
資金管理を疎かにすることが、
どれほど危険なのか、
分かって頂けたでしょうか?

トレード分析が常勝トレーダーへの道

「〇連敗したから、
 次は大丈夫でしょ。」

というように、
タカをくくっていると、
長期的には必ず痛い目を見ます。

そのような根拠のない自信は、
相場には持ち込まず、

いつ何時でも、
資金管理は徹底していきましょう。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。