No73 「安く買い、高く売る」という資金管理法

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「安く買い、高く売る」という資金管理法

トレードを行う上で、
よく言われる話の中で、

「安く買い、高く売る」

という考え方があります。

この考え方は、、、

もうこれ以上、
売られにくいであろう安値圏で
買い注文を入れ、

もうこれ以上、
買われにくいであろう高値圏で
売り注文を入れる。

という考え方ですね。

こういったトレードを心がけることで、
優位性の高いトレードを行う事ができ、

勝率が上がりやすいというメリットがあると、
一般的には言われますが、

他にも、

リスクリワードの良いトレードを
行いやすいといった、

資金管理においても、
大きなメリットがあります。

なぜなら、

例えば、安く買い、高く売る、
という考え方を無視して、

中途半端な価格帯で
買い注文を行うと、

まだ売られそうな感じもするような
中途半端な価格帯なので、

まだある程度は売られて、
下降することを考慮する必要があり、
損切ラインを広く取らなければ
勝率が悪くなりやすいです。

このような、

損切りラインを広くとるような
トレードを行い続けると、

リスクリワードの良いトレードが、
行いにくく、

損大利小(コツコツドカン)の
状態になりやすくもなります。

反対に、

安く買い、高く売るような
トレードを心がけ、
買い注文を行う場合、

すでに下がり切っているであろう
安値圏での買い注文なので、

その安値圏の最終ラインよりも
下降することは考えにくく、

その最終ラインの近くで
買い注文を行うことで、
損切幅を短くすることができ、

損小利大のトレードを、
行いやすくなります。

トレード分析が常勝トレーダーへの道

このように、
エントリーポイント一つとっても、
実は勝率だけではなく、
資金管理にも影響していきます。

安く買い、高く売る
という考え方は、

優位性の高いトレードを
行う上でも、

リスクリワードを良いトレードを
行う上でも、

非常に大切な考え方です。

ですので、

この考え方は、
基本的な内容すぎて忘れがちですが、
日々のトレードを行う際でも、
忘れないようにしましょう!

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。