No74 「短期足→長期足を見る」この考えも実は破産思考

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

「短期足→長期足を見る」この考えも実は破産思考

トレードの基本は、
エントリー足よりも長期足で
現在の相場の環境認識を行って、

今の相場が、
どのような流れになっているのかを
把握してから、

短期足でエントリーポイントを見定め、
トレードを行います。

このように、
長期足→短期足を見るというのは、
トレーダーとしての基本です。

これを行うことで、
相場の流れにそったトレードを
意識的に行えるので、

勝率が上がりやすいというメリットが
一般的には言われます。

しかし、

それだけではなく、
長期足→短期足を見ている方は、
短期足→長期足を見る方よりも
損切りが遅れにくいのです。

なぜなら反対に、
短期足→長期足を見る方は、

短期足で見た時に引いた、
損切りラインにかかりそうになった時に
長期足を見ることで、

「あっ!もしかしたら、
 適切な損切りラインを引く位置は、
 こっちだったかもしれない。」

と、短期足→長期足へ移るほど、
永遠に損切りラインを広く更新する解釈が
できてしまうからです。

逆に、
長期足→短期足を見る方は、

元から長期足を見た上で、
損切りラインを決めているので、

その上で損切りされそうであれば、
しょうがないなと受け入れやすくなります。

トレード分析が常勝トレーダーへの道

勝率を上げるためにも、
損切りをきっちり行い資金を守るためにも、
相場は長期足→短期足を見る。

まだこの意識がなかった方は、
今日からこれを徹底していきましょう!

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。