No83 もう少し資金が多ければ退場しなかった、は間違い

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

もう少し資金が多ければ退場しなかった、は間違い

FXでよく、

「あと5,000円でも、
 口座にお金が入っていたら、
 この後は反転してて、
 ゼロカットされずに済んだ。」

という方や、

バイナリーの場合、

「あと50万円口座に入っていたら、
 次足ではしっかり反発してて、
 マーチンで勝っていた。」

というように、
資金が少ないから退場させられた、
というような言い方をする方がいますが、

そのようなトレードをし続ける限り、
資金がいくらあっても、
いつかは退場させられます。

そもそもトレードは、
ドローダウンを意識させられるような、
資金管理で行うべきではありません。

例えば、、、

家を建てる場合は、
家に多少の傷が入っても、
家が崩れる心配の無いように
建てますよね。

これが資金管理を徹底した方と
同じ思考。

しかし、

ドローダウンを意識させられるような
トレードをする方は、

家に多少の傷が入れば、
家全体が崩れるか崩れないかという、
レベル感で家を建てているのと、
同じ思考です。

トレード分析が常勝トレーダーへの道

「もう少し資金が多ければ…」

というような、
素人レベルの資金管理で、
トレードを行うのではなく、

何度負けてもまだまだ大丈夫だと、
どっしりと構えられるような資金管理で、
今日もトレードを行っていきましょう!

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。