No88 大損失で大興奮する男たち

どうも!どらぽんです♪

破産思考を持ったままFX等相場の世界で戦い続けると
今どれ程優秀な成績を収め続けていたとしても
いつか資金を溶かし退場を余儀なくされます。

厄介なことに
ほとんどの人は自分が持っている破産思考に気づきません。

この記事を読み破産思考を自覚することで
勝てている人はいずれ来るであろう破産の瞬間を逃れるチャンスを得られます。
なかなか継続して勝てないあなたはそのループから抜け出すチャンスを得られます。

大損失で大興奮する男たち

多くのトレーダーは、

大きな利益を上げたトレードが
できたことで、
テンションが上がり
興奮しやすいものですが、

実は大損失をすることでも、
興奮はするものです。

なぜなら、

大損失をする時というのは、

必要以上にポジションサイズを
大きくしたり、
損切りすべき時に
損切りしなかったりと、

決まって資金ルールを
破った時だからです。

人はルールを破ることで、
興奮します。

例えば、、、

あなたが、
学生時代に優等生だったのであれば、
ご経験ないかもしれませんが、

学校で校則を破ったり、
親や先生の忠告を無視して、
何かしでかした時というのは、

自分自身が興奮しているという自覚は
基本的にはありませんが、
実際はドキドキして興奮しているものです。

分かりやすい例でいうと、
ピンポンダッシュとかもその類です。

ピンポンダッシュなんて、
自分自身に何の得もなく、
他人に迷惑をかけるだけなのに、

やってはいけないことを
やっていることに興奮して、
またやってしまう。

その結果やりすぎて、
いつか見つかってしまい、
警察や親・先生に
しこたま怒られることになります。

この例は、
トレードで資金を溶かす流れに
非常に似ていますよね。

しかし、

ピンポンダッシュは、
基本的には一人でやるものではなく、
誰かと一緒にやることが多いです。

だからこそ、

一度やっていることが見つかり、
しこたま怒られて、
被害者に頭を下げに行ったりと、
恥ずかしい思いをしたら、

共犯者の誰かがもう辞めようと
止めてくれます。

ですが、

トレードは一人でやるものなので、
一度興奮を覚えて、
資金ルールを破るトレードに
依存してしまえば、

誰もそれを止めてくれず、
何度も繰り返してしまいます。

トレード分析が常勝トレーダーへの道

興奮状態というのは、
論理的に物事を考えることが
できなくなるため、

まともにトレードが
できる状態ではありません。

そうならないために、

ポジションサイズは、
証拠金の2%以下に抑え、
損切りはきっちり行う、

といったような、
資金ルールを厳守し、
興奮状態にならないように
する必要があります。

このような理由からも、
今日も資金ルールを徹底し、
トレードに取り組んでいきましょう。

投資はギャンブル要素を如何に低く抑えられるかが肝です。
破産覚悟の一攫千金は目指さず小さくても安全第一で行きましょう。

「FXを勝ち抜くヒント」は
2020年8月1日より毎日7時に1記事更新中です。